hospital corridor

心地いいクリニック

tablet

内科を受診する際に、実は心地よさが重要なポイントになってきます。病気で倒れて救急車で運ばれたといった場合でなく、自分で訪れで内科で診察を受けて、医師と合わないと思ったら医者を変えることも時には必要です。身体の病気はメンタルとも大きく関わってくるものですから、担当医が苦手なタイプの場合、知らずストレスを受けて体調を悪化させてしまいます。病気を治すために内科を訪れているのにこれでは意味がなく、無理だと思ったらセカンドオピニオンではありませんが、医者を変えるのも必要になる場合があるのです。特に内科を受診する場合、ストレスが原因となっていることも多いので、自分が納得できて、信頼して体を任せられる医者を見つけることが大切になります。

内科に限らず、多くの人は一度病院で診察を受けるとそこをかかりつけにしてしまいます。しかし医者もサービス業の一種と考えてよく、自分に合わないと思ったら新しいところを探すのも悪くはないのです。特に内科はストレスと密接にかかわってきて、医者に対する不信感は病気を悪化させることはあっても、良くすることにつながりません。自分が心から信頼して、任せて大丈夫と思える医者が良く、内科に関しては不信感があると治りが遅くなる可能性が出てきます。 病気は気持ちと繋がっていて、内科を受診することでストレスになると感じたら無理して通うのではなく、次を探すことも大切です。面倒かもしれませんが、治療のためには必要になる場合があります。

ページのトップへ戻る