hospital corridor

現代の内科

doctor are advising patients

医療の現場は時代と共に技術の進歩や新薬の開発により、単に患者の救命だけではなく健康の維持も重視されるようになりました。特に様々な疾患を総合的に診察する内科は多くの患者と接することから必然的に技術の進歩を要求される傾向があり、医療への取り組みの姿勢も時代に応じて変容した歴史があります。 当初の医療は怪我や病気に対して痛みを緩和させたり出血を止めるなどの簡単な対処が主流でした。内科であっても場合によっては外科的な処置を行う必要がありましたが、現在のように診療科目が細分化されるためには医療技術の進歩が不可欠でした。内科の現場は多くの患者と接することから対処療法の技術の進歩が速い特徴があり、現在でも内科は最先端の医療技術のお披露目の場と認識されています。

内科は診療科目の中でも全身をくまなく検査することが多いので、患者本人が気づいていない疾患が発見されるケースがあります。特に自覚症状が無い疾患は患者が気づいたときには症状が進行していることが多く、治療が困難になることから定期的に内科を受診することが体の不具合を早期に発見するための工夫になります。 内科は体に不具合が生じた際に最初に受診する診療科目なので、患者数が多く時間がかかりやすい傾向があります。そのため、事前に予約を入れたり往診を依頼するなど、時間の都合をつけることが内科を上手に活用した健康管理に繋がります。また、優秀で信頼できる内科病院をかかりつけ医にすることも不測の事態に素早く対処するための工夫です。

ページのトップへ戻る